言語リハビリテーションの領域には、MMIT、MUSTIM、RSC、VIR、TS、OMREX、DSLM、SYCOMの8つの技法があり、失語症などの発話・言語障害の訓練、コミュニケーションに関する基本機能の改善にもちいられる。

  
 
修正されたメロディック・イントネーション・セラピー
(Modifid Melodic Intonation Therapy: MMIT)
 
概要:患者の損なわれていない歌唱力を利用し、日常生活に必要なフレーズにプロソディーにあったメロディーをつけて歌にし練習することで、発話の産出を促進します。
適用:重度のブローカ失語症(一部の失行症にも適用可能というデータあり。)

CBRM 運動機能論文(基礎研究)     
CBRM 運動機能論文(臨床研究)
 

音楽による発話刺激法
(Musical Stimulation: MUSTIM)
 
概要:失語症治療において、非意図的発話を刺激するために、意図的に歌、韻、詠唱、音楽のフレーズなどを適用し、発話の産出を促進します。音楽の補完現象を利用し発話の表出を促すが、保続を強化する危険性もあり、意図的な会話や臨機応変な発話への移行には工夫が必要。
適用:主に失語症

CBRM 運動機能論文(基礎研究)     
CBRM 運動機能論文(臨床研究)
リズムによる発話合図法
(Rhythmic Speech Cueing: RSC)
 
概要:パターン化したリズムまたはメトロノームの合図を利用し、発話の開始を促進したり、発話の明瞭性や速度をコントロールします。
適用:構音障害(dysarthria)、失行症、流暢性障害(fluency disorder)

CBRM 運動機能論文(基礎研究)     
CBRM 運動機能論文(臨床研究)
声の抑揚訓練法
(Vocal Intonation Therapy: VIT)
 
概要:歌唱や発声訓練を工夫することで、声の抑揚・調子・呼吸調整・音色・大きさなどに関する音声調整を訓練します。
適用:主に、音声障害

CBRM 運動機能論文(基礎研究)     
CBRM 運動機能論文(臨床研究)
 
治療的な歌唱法
(Therapeutic Singing: TS
 
概要:歌唱活動により、発話の開始、明瞭性、言語表出、呼吸器の機能を向上させます。

適用:主に、発達の問題による発語、言語機能障害、失語症

CBRM 運動機能論文(基礎研究)     
CBRM 運動機能論文(臨床研究)
日本のRASに関する論文
 
口腔運動による呼吸訓練法
           
(Oral Motor Respiratory Exercise: OMREX)
 
概要:ニーズにあった吹奏楽器や発声により、発音の明瞭化、発話器官や呼吸機能の強化を図ります。
適用:主に、発達障害(developmental disorder)、構音障害(dysarthria)、筋ジストロフィー(muscle dystrophy)

CBRM 運動機能論文(基礎研究)     
CBRM 運動機能論文(臨床研究)
音楽による発育を目的とした発話/言語訓練法
(Developmental Speech & Language training throught Music: DSLM)
 
概要:歌唱、詠唱、楽器演奏など音楽と発話や動作を組み合わせることで、発話と言語発達の促進を図ります。
適用:発話や言語発達の遅れ

CBRM 運動機能論文(基礎研究)     
CBRM 運動機能論文(臨床研究)
音楽を利用したシンボリック・コミュニケーション訓練法
(Symbolic Communication through Music: SYCOM)
 
概要:楽器演奏や即興演奏による非言語表現を用い、感情の伝達、意思表示、コミュニケーション行動を促進します。

適用:主に、発話機能の重篤な喪失

CBRM 運動機能論文(基礎研究)     
CBRM 運動機能論文(臨床研究)